×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

loiol ろろい ロロ井 ろっぴー

・最近書いたもの
 失夢症に関する症例集のいろいろ
 夢見るジュヴィエーヴ(最近の)

・なにかゆってください。
  twitter
  「ねえ、loiolさん」

・以前書いたもの
  loiol作品集成(過去の)
      

・近況
9/4
 前に更新したの三か月前とか時間が経つの早いけど、毎日ツイッターやってるからそんなに時間が経ってない気がするし、ツイッターやってると色々言葉を簡単に練らないでノリで吐けるので便利。でもでも、創作してみたい気がするけどめんどくさくてツイッター。夢見るジュヴィエーヴに載せたけど、彼方ちゃんに良い挿絵を描いてもらったのですごくほくほくしてる。こういう絵とのコラボって前から憧れてて、以前笠原さんとやらせて頂いた時もハンパない嬉しさ味わって、こういうの続けてみたいけど、絵ってたぶん描くの結構大変だらうから頼みづらいよね。本当はツイッターで見かけた良い絵を描く人にばんばんお願いしたいけど、こいつうざって思われたらやだから無理。
 
 失夢症は文をやっぱ他人にお願いしてる訳だし、もっと書いてって言いづらいけど、私の理想より半分以下のスピードで更新されていて、だからこそなんか存在が落ち着いた感じに見えて結果的に良いんだけど、私のこの性急さってのは現実的ではないからほとほと自分でいやになってしまいつつ、他にも他人を巻き込んで楽しげなものが作らないかなって日々思案しては泡の様に溶けてしまうのをしげしげと眺めている。
 
 ツイッターと言えば、現実にお会いした事のある人はいない訳ですが、意外と現実でも会ってるよっていう人いるでせう。そういうの思う時「ツイッター上のキャラと、その本体、っていうものを両方ともお互いに知っている人同士がツイッター上で『わかった上で』キャラを演じ続けてコミュニケートしている所へ、私の様な海のモノとも山のモノとも分からない人が絡んでくるのってどうなんだろう」って思います。つまり、私は完全に空気読めてない状態で混ざるから、それはなんかいやだなって今更ながらに思ったんです。だって彼らの「ノリ」ってのがあるでしょう。それを分かったふりして私が絡んで(実際は分かってなくて、絡まれた人はちょっと引いてる)、そんで向こうもむげにはしないから合わせてくれたりして、私は「合わせてもらってる」ってのに気づかず調子乗って。
 そういうのが嫌だから自然と距離取るでしょ。
 そういうのがツイッターの今で・・
 だからなに。
 



6/10
 前回更新からもうこんなに経ってる…ほむぺ歴長いのでわかりますが、これ段々更新頻度が下がる兆候です。次は一か月後になり「ごめんなさい!更新さぼってました!」とかよく分からず別に謝らなくてもいいのに誰かにあやまる事になり…こうして人は皆ネットの何かから遠ざかりツイッターの闇に吸い込まれるのです。知ってます。
 ツイッターの闇と言えば、ツイッターで私がマスコット的にかわいいなっておもってるぴょんえりちゃんがブログをやっているのでリンク致します。
ぴょんえりぶろぐ
 ぴょんえりは頭いいはずなのにツイッターの闇にはまってしまってダメ人間的思考に陥っている様が過去の自分を見ている様で親近感が湧くし、ツイッターのツイもだめさ加減が最高にかわいく、今日はちゃんと学校いけたかな?と気になってしまう新しい形のツイッターアイドルなのです。そんな言い方やめてようと言うでしょうが私がツイッターで一番かわいいと思ってるのはぴょんこです。
 なお、ブログというかタンブラーと言えば、最近うつもよ子ちゃんさんと一緒に失夢症に関する症例集というタンブラーを始めたのです。んで、今回からツイッターに咲く奇矯な花であるみみっぴにも参加を促した所「AOK」と回答を頂き嬉しさのあまり吐血した次第で…みみっぴもですね、以前から既知だったんですが一体なんなんだこの人はという事によるアラートが私の頭で鳴っていたのですが、さもまんを率いている西の才媛・むぎちゃんさんが言葉を交わしているのを見て、恐る恐る近づいてみたらとっても良い子でなんか思考や趣味のね方向性が良い意味で艶めかしいというか…すれすれ感が堪らない才女だったのですよ。ちょっとわたしは人とは違うぜなんて自画自賛してる人なんかは劣等感抱いちゃうでしょうね。それほどまでに強烈な個性です。
 
 ところで。萩尾望都先生が大好きな私で。一番はメッシュという作品で、二番は感謝しらずの男ってやつなのですが先ほど「あ、両方とも『ほっといてくれよ』って事だな」って思ったんです。色んな登場人物が色々主人公が悩んでるだの傷ついてるだの勘繰って色々してあげるんだけど主人公は最終的に「ぼくは大丈夫だからいい加減にしてくれ」って言うっていう。そこに気づいて、それでなんでそういうのが好きなんだろうかなと思ったら自己投影していた気がして。ほっとかれたい。うん、そうです。私はほっとかれたいけどツイッターでは構って欲しい。安全な位置から構われたい。めんどくさくなったら逃げたい。エスケープ性。逃げるのっていけない事だって教えたのはだれです?何事もそういう要素があってこそ、遊びがあってこそ、本来の方向性が充実するんですのにね。
 
 あと。時々ストップウォッチで秒をはかるといいよ。結構時間は早く進んでる。私が自分で自分の思う秒間で数えてみたら、私の一秒は現実の1.5秒だった。つまり、二分の三、のんびり生きている。



5/29
 最近は、よしこレモンさんという有名?タンブララーの人に媚び売ったりしてみました。つか媚び売るて。子供っぽい表現ですよね。昭和かよ。誰かに絡む時「媚び売りたい」って全員が思ってるって思ってるってのがオメデタイです。他の意図や意志だっていくらだって考え付くのに・・まあ単なる嫉妬だろうけど。嫉妬ってのは人の思考を莫迦レベルで固定させちゃうから嫌です。
 で、なんとなくヒップホップのリリックを試しに書いてみて、ツイッターで流れさすのももったいないのでここにメモしておきます。
 
 ぶらぶら歩いて just gonna go ジャスコへ行く
 サティの店内BGMはエリックサティ、いい加減にしろミキティ
 ラビット捕まえるにゃサミットが最適
 私の単位これits gameover、やけになって
 いなげやのチラシ、夕飯ちらしずしで決定
 オイ見ろ芋ケンピも安い、オリンピックですし
 that's enoughマルエツ、night sucker kiss yeahと言えば長崎屋、oh yeah。
 
 無為を突き詰めるのは禅的でラディカル
 ノイ!を聴きがたるのは奇妙で捗る
 オイお月様眺める先生のタピオカ、古城のポスター、買ってこい一年坊主。
 
 媚びるなロロイ、混ぜるな危険、魔ゼルな規犬
 『負けるな! 魔剣道Z』がPC-FX用ソフトとして1998年3月20日に発売されたが、ゲームソフトの続編としては珍しくそれぞれ、アクションゲーム、対戦格闘ゲーム、ロールプレイングゲームとジャンルが全く異なっている。
 
 
 以上です。
 難しいですよね。ストーリーにするので一苦労。夢の様な不条理さをともなって、特に私は韻すら理解しておらず、ノリで「いい加減にしろミキティ」というのが精いっぱいでした。
 



5/23
 ヤボシキイさんにjust a planetの佐伯を描いていただいたのです。
 
 最も素の状態の佐伯ですよね。ジーパンはいてそうな感じあるある。眼鏡とコンタクト使い分けてる彼女の裸眼の「んぁ・・?」の目と表情。普段は色々コンセプト立ててキャラ気取ってるけど、なーんも装飾無しの状態の佐伯。自宅だからリラックスすればいいのについつい体育ずわりでちっちゃくなってる。病んでそうでリストカットなんて怖くてできない。疲れてそうでレッドブルがあればへっちゃら。悩んでそうで能天気。
 ヤボシくんにはいつも無理なお願い(絵を描け!さもなくばお前んちの前で焼身自殺してやるぞ!だの、いっつもおなにーばっかりするな!だの)暴言をしているにもかかわらずこうして描いてくれうから、あちきうれしいお。いつか「ヤボたん」って呼びたいけど、王女としての尊厳がそれを許さないのです。
 
 just a planet、正直今後どうなるのかわからないけど、書いている。ゴールが見えない状態で書くとこんなんなっちゃうんだなって思う。話に締まりが無い。さぐりさぐり。そんなのも面白いかなって思ったけどダメね。はぁん。
 



5/16
 エーテルさんにジュヴィエーヴを描いていただいたのです。
 
 ツイッターでおはよーってこっちから言わないと誰もおはよーって言わないわけ!?ってわめいてたらエーテルさんがおはようって言ってくれて、・・おはよ照、って言った事にエーテルさんがインスピレーションを受けてくれて、絵にしてくれたのです。
 今回の出来事で思った事は、絵描いてくれてうれぢいって単純に言うけど、ジュヴィエーヴという発想が、言葉でエーテルさんに伝わり、エーテルさんのフィルターと技術を通して、一つの絵になった、という高度なコミュニケーションが無償で成立したという事実はなかなか得難いものではありませんかという事なのです。私、こういう出来事あんまり経験ないのですが、多分、同人活動とかされてる方々は「え、別にそれ普通じゃね」というかもですが私は感動したのです。ピュアゆえに…ともあれエーテルさんにはこの場を借りて御礼申し上げたいのです。あと腰回りがえっちですねというお言葉もあり同感です。お腹の辺りがね、ちゃんと内臓が詰まってる感じがする。骨格がある。下着は何色なの?下着は誰が用意したの?王女の好きな下着の色は?下着を異性に見られる事に抵抗はあるの?など、どんどんキモオタ的発想ができる装置も備わっているのですこの絵には。えっちですね。
 
 さて、just a planetというお話をたんぶらで書いてます。この佐伯という人物、私っぽいのですが、まったくのフィクションです。実際の私は高卒でコンビニのバイトからそのまま現在店員になった訳で。ってああだめだすぐ嘘をついてしまう。そんな事じゃなくて、この佐伯という人物、決まっているのは無職22歳大卒、名前は佐伯、ってくらいです。この機会に、もうちょっと人物像を明らかにしてみたいと思います。
・髪、胸くらいまでの長さで若干栗色。
・視力、悪い。自宅では眼鏡。
・背、165cm。痩せても太ってもない。胸は無い。
・服、カーディガンをはおる事が多い。靴は革靴。
 
 そんでですね、佐伯は今後どうなるのでせう。現実的に幾つか方向があり、
・大学院行く。
・海外留学する。
・ツテで就職する。
・フリーターする。
・犯罪者になる。
・気が狂う。
・何かアートとかに手を染める。
・結婚する。
 とかありますよね。結婚しちゃうのって結構、犯罪者になる、レベルの必殺技かなあとか思ってます。
 とにかく悲哀が書きたいので、佐伯はしばし現実のやるせなさにまみれて頂く予定です。



5/3
 あおくまがろくんちゃんさんにジュヴィエーヴを描いていただいたのです。

 かわいいよね。目の描き方が独特。髪の装飾が好き。いじわるっぽいけど本当は悪い子じゃないコケティッシュさある。本体である私っぽい気もするんです。不幸になって欲しいなこういう子。
 
 で、ツイッターしばらくやめようと思います。たくさん色んな人に出会えたし色んな言葉に触れたし私もそれらを吸収して色々吐き出せたけど、それで?ってなっちゃった。
 さみしいのかなって思うのと同時に、なんか大事なものがすり減ってってる気がした。引き換えに人がわいわいしてるトコにいられる安堵感というか。見てもらえるし。でもなんかこれ不健康だなあって思った。便利すぎて気持ち良すぎる。そういうものって大体人をだめにする。分かってても「具体的にこれがだめ」ってとこまでいってないからほっといたけど、「でもなんとなくやめとこう」ってのって弱いからね舵切るための理由として。でも今回「でも」って事で止める事にした。
 
 思いませんか?依存って3気持ち良くて7もやもやする。最初は9気持ちよかったけど。7が「キモチワルイ」「嫌い」「不快」、じゃなくて「もやもやする」。人によるんだろうけど。
 
 やはりだね。短文でばしばしやるのが自分自身納得いってなかったんだと思う。思いつきだから、軽いし。元々インスピレーションを文章にする瞬発力的なのを文にしたためてたけど、あまりにもインスタントな文字列ばっか吐くのがいやだった。あとTL流れてっちゃうし。もっと固形の情報としてネットに置いておきたい。そうなるとホムペ。ホムペで短文やる訳にいかないので、長文。やはり物語書こう。



4/29
 きゅぴぃぃぃっ。敬愛するむぎちゃん(@wtnbmgh)さんに王女 ロロイ・ジュヴィエーヴと、神楽坂ロロ音を描いて頂くという僥倖が発生したでござる〜!


 (オリジナルは、こちら
 
 むぎちゃんさんは以前から気になっているセンスの良いお方で、最初に見かけたのはタンブラー「或る少女の死まで」。ふむ・・良いタイトル。で、pixivで「びゅーてぃふるどりーまー」と描かれた絵を見て。ぴきん!で、ほむぺの「Ringo muder case」…この時点で、あ、この人良いわ。本格的に良い時に感じる私の「脳がせっつく感じ」あるわ、ってんで色々見てたら、漫画「ほうろう記」…。私、このほうろう記の扉絵見て、なんか泣いたんです。内容がどうのっていうより、絵からなんか伝わるものがあり…この伝わるものこそ、創作のパワー。つまり、見てる側が勝手に感じとっちゃうアレ。私の場合は、どこかでシンパシー感じたんだと思う。作品の扉絵の女の子に。重ねあわせると言うか自分が抱えて悲しく思ってた気持ちがなんか表現してもらえたみたいな。で、鈴木いづみとかさ、キーワードばんばんでてくるからこの人色々知ってるな、と。で、ツイッターで接近したりして、あと「さもまん」という素晴らしい企画をやってるという骨太さ。文化系女子の鏡の様なむぎちゃんが、描いてくれたってんだから少しは私の感動が伝わったかと思います。え伝わってない?ならしねえっ!!!(斬りかかる)お前もじゃあー!!(隣にいた仲間も斬り捨てる)ぎゃああああ!!(未来からやってきた使者に突然の怪光線をあびせられ、消失)
 
 何が良いって、抜粋すると
王女ロロイ・ジュヴィエーブはなんの変哲もない普通の女子高生。しかし実は秘めたる魔力を使って日夜オルガバルト王国の平和を守るため孤軍奮闘しているのである!!(上図・必殺技のホーリーバニッシュ)
・・・・だったらいいなあ。だって王女とか、女子高生とか、毎日退屈なんだもん。(下図・平和で退屈なオルガバルト王国の王女ロロイ・ジュヴィエーブことただの女子高生の神楽坂ロロ音ちゃん)

 ですもん。
 これみて、手をぽんと叩き「それだ」っていう私。いや正直どうしようかと思ってましたもんオルガバルト王国物語。王国っつってもなー、私そんな知らんし。最近ドリフターズ(平野耕太)読んでそれっぽい事ゆってるだけだし・・な訳。
 なので今後書くとしたら、神楽坂ちゃん視点の、切り抜きエピソード系のジュヴィエーヴって感じに・・って。でもね、そこまで思ったのは、神楽坂ちゃんもある種のキャラなのでは?と。つまり、神楽坂ロロ音、ってキャラをツイッター上で演じている女の子が主役となる。そうなるとその主役は誰?…私じゃんか?それってフィクション?いやもはやメタ・フィクションというか(メタ、って意味よくわかってない)、半自伝半物語的な、あやふやな…でもそれって私のツイッターがそんな風だからツイッターの延長線上のお話 on タンブラーという。考えながら、かつノリで書いてみたい。物語っていうと堅苦しいから思いついたらぼんぼん書くです。それにしてもホーリーバニッシュとか、レアな神楽坂ロロ音ってワード放り込んでくれるあたり愛を勝手に感じ取り「依存しちゃおっかな?精神的に依存しちゃおっかな」って思うってもんです。
 
 ともあれむぎちゃんさん、心からありがとうございます。記念になります。ネット上でこういう交流できてほんと嬉しい。私は・・あの・・孤独ですので・・この絵をすまほの待ち受けにして「うへへ//うれしいや//」ってして私の日常が潤い、元気になり、その後、また陰鬱な思い出を思い出し、心は沈み・・さまよい・・
 



4/25-2
 ツイッター上で、だつおさん、という人がいて、絵を描いてるっぽいんだけど良く知らないけど、私が敬愛するリリカルロリカルさんが描いてる「熱紙」って企画にも参加してるから興味ある。でも一番は彼女のホムペでなかなか面白い。なにこれ?って思ってほっといたけどよく見るとgoogle driveっていうウェブサービス使ってる。要は、コンテンツをウェブ上に乗っけて誰でも触れる様にしてるというもの。で、フォームみたいのがあって、面白い。前々からツイッターで言葉かわしてもツイッターって流れていくし、やだなって思ってたけど、今更メールフォームとか・・って思ってた。これからいつでも見れるし良い、ってんで作ってみたってワケ。
 「ねえ、loiolさん」
 これ。リンクを飛ぶと、色々書ける。書いてみて。ねッ。
 で、回答一覧も見れる。
 こちら
 どうこれ。なんか良くない?私は良いと思う。私が良いと思うんだからあなた方も良いと思えば良い。良いから良いって思えば良い。考える必要なくない?ね。分かったら書いて。なにを?そんなもん自分で考えたらどうなの。脳無いの?



4/25
 結局ですね、どこかに行きたいって気持ちはポジティブでもネガティブでもないと思うんです。ここではないどこかへ―、とかかっこつけた言い方を過去に誰かがしたから勘違いされてるだけで、別に蒸発でも逃避でもアイデンティティの再取得でもなんでもない。純粋に「どっか行きたいな」って気持ちはあっていいと思うんです。イチイチ意味づけするのがめんどくさいし、無粋。
 じゃあ「どこか?」。
 定義としては、日常ではない所。外国?行くのめんどい。パスポートにハンコ押された時点で、日常と地続き。よって、電車などで行ける他県、などの「日常からそう離れてないけど、何か目的でもない限り行かない様な所にあえて行く」という「あえて」感がキーです。
 簡単です。駅行って、一番安い切符買う。乗る(どっち方面でもいい)。適当に乗り換えする。適当に。知らず。どこ?とか無視して。乗り換えられるだけ乗り換える。精算して駅降りる。バス乗り場探して乗る。行く。適当に降りる。
 そこはどこですか?知らないですよね。完成。スーパーとか商店街とか行ってみても良し。公園で寝ても良し。いちいち色々チェックするも良し。99%今あなたがそんな訳わかんない所いる事実を知りません。誰も、あなたが、そこにいる事を知りません。誰も。自分自身さえも。
 
 その2。現実的にどっか行かなくても良い。想像の翼に乗れば良い。私がよく行くのは違う星の荒野です。その星は昼間がほぼ無いので夜です。星がきらめいています。遠くでごうごう音がしますので行くと、滝です。白い滝。そこに腰かけて、もの思いにふけるのです。
 
 その3。「行ってきた」ってとこからスタートしても良い。「未来に行って、今帰ってきた」という前提で日常を見返せば、日常は「もともとそこにいたけど、しばらく未来に行ってきて帰ってきた場所」になります。未来では最終戦争が会って、みんな死んでいた。悲惨な未来。でもここにはのほほんとした日常がある!嗚呼生きている喜び。平和。ね?
 
 その1〜3を繰り返してれば、あとはまあ時間経って、本格的にこの世からいなくなるから。それでいいでしょ。



4/24
 ★お知らせ★
 「オルガバルト王国物語 〜伝説の魔導士編〜」作成開始記念!
 この度、上記の作品作成開始をお知らせすると同時に、イメージイラストを大募集しちゃいます★
 ・募集要項
  プロアマ問わず、上記作品の登場人物として「王女 ロロイ・ジュヴィエーヴ」のイラストを描いて頂ける方。
  色つき、ラフ画、一切問いません。
  もしくは、王女と一緒に活躍するオリジナルメンバーのイメージイラスト、またはイメージスペックも同時大募集★
  彼/彼女の名前、所属部隊、得意技/魔法、所持品など、どしどしお寄せ下さい。
 ・ご連絡方法
  loiolのツイッターアカウントまでお知らせ下さい。@meta_vacationです★
 ・締切
  2017年末まで
 ・御礼に関しましては、作成者様を上記作品の重要キャラクターとして登場させて頂きます★
 
 みなさま振るってご応募お待ちしております★
 
王女「さ、さっさと送りなさい!べ、べつに楽しみに待ってる訳じゃないんだからねっ!」



4/23
 王女 ロロイ・ジュヴィエーブこと私です。過去にツイッターで散々王女系の事を思いつきで呟いてたのでちょっとサルベージして羅列してみます。もうひたすら過去ツイをコピペしてるので、各行の関連性とかあったりなかったりですが察して下さい。
 旧暦422年生まれの17歳です
 私がたった一人で3万のモンスター軍とやりあった話でもしましょうか。
 それとも、アルヴィニア洞窟でモンスターに耳をちぎられかけた話でも?(耳の裏をめくって古傷を見せる)
 ざっとこの「オルガバルト王国物語」のあらすじを説明するとね、この後王女は「禁じられた魔法」であるホーリーバニッシュを多用する事になるの、戦いで。使えば使うほど心が疲弊して、いつしか王女は「ダークサイド」に落ちてしまうの。
 ホーリーバニッシュ!
 主に白魔法を司るオルガバルト王国の王族親衛隊に所属する見習い魔法使い(本当は伝説の魔導師の生まれ変わり)。得意な技はホーリーバニッシュ、ホーリートロイメライ、ホーリーローズシャワー
 
 ちなみにオルガバルトについては、以前私が書いた「Escape escapE」に登場するよ。http://mistoa.seesaa.net/article/102444818.html?1239610924 …
 物語の中は、旧暦700年代のお話なんだけど、ジュヴィエーヴ王女はそこから更に300年前のお話なの。
 なので、エスターは私の遠い孫って事になるわね
 やあっ・・やあっ!!(一刻も・・一刻もはやく・・っ!この・・この腐敗に満ちたオルガバルトの地から・・ッ!辺境の下等モンスターどもを・・あの忌まわしいやつらを・・蹴散らすッ!私には・・私にはその決意が・・ッ!)
 赤レンガ礼拝堂事件!?あっははそんな事まで知ってるんですね。あれは私の同期の魔導師が、私が白の鏡作戦に参加するのを心配して起こした騒動でして・・(苦笑)え?私が「セ・ラ・ヴィ」って言う名前で見習い魔導師をしていた時代の話ですって?あの頃はね・・(苦笑)色々ありましたから。
 え?私が「セ・ラ・ヴィ」って言う名前で見習い魔導師をしていた時代の話ですって?あの頃はね・・(苦笑)色々ありましたから。
 やっ!(剣の柄で攻撃する練習)
 ったーーっ!!(気合と共に剣を振って練習する)
 私が・・私がこのオルガバルトを救う・・!(強い決意のまなざしで)
 ロロイ・ジュヴィエーヴって名前の王女度100%すぎる
 こんな、こんなペンダントなんてっ・・!(父の形見のペンダントを引きちぎる)
 オルガバルト王国なんてもうどうなってもいいっ・・!
 このっ、このおっ・・!(大事にしていた苔類の鉢を投げ壊す)
 うわあああああああああっっ!(ベッドに泣き崩れる)
 うわあああっ(おとうさまっ、おとうさまぁ)
 ねえ、王女ツイしてからフォロワーの減りが止まらないんだけど
 緋色の聖杯戦争
 王女だから城下町に市井の民気取って紛れ込む遊びしゅるしゅる〜〜
 すっごい安いパンとか食べて「なにこれおいしっ・・!」ってゆった事がきっかけでスパイに「あいつ王女じゃね」って気づかれる展開
 エンディングテーマ「王女のロンド」
 次回、王女の証のペンダントが盗まれて!?の巻
 その王座、この私が頂いた
 王女だお?(かわいみ)
 私の王女性を受け入れられないとかどんだけ澄んだ水で育まれたんだあんたたちぁ
 王女の帰還
 聡明でユーモアにあふれなおかつ可愛い王女
 攻めの姿勢はそこが源流ね・・私の師匠だったエスターという長命の大魔法使い(エルフと人間のハーフ)はこう言っていたわ「お嬢様、お気をつけなさい。強すぎる魔法はいつしか自らをも滅ぼしかねます・・」ってね。
 私が身につけたホーリーバニッシュという魔法は、王位継承に備えて、王族親衛隊で見習い魔法使いの修行をしてた時代に習得したの。
 つまり私の原点は攻撃魔法系ってワケ。
 王女は左手首に刻印された旧時代の文字列を、憎しみと懐かしみを混ぜ合わせた様な目で見ている。
 あの忌まわしい緋色の聖杯戦争こと、九年戦争の事、忘れようったって忘れられるものですか。
 この大陸の掌握が一筋縄ではいかない事くらい、お父様の代の九年戦争で学んだわ。
 魔族と鼻歌まじりで契約の一つも出来ない者に国を統治する事ができると思って?
 ディストピアも一つの理想郷だという事を思い知らせてやるわ
 パンが無いなら、お菓子を食べれば・・ではなく、しね!!!!!!!!!!!!!!
 ホーリーローズシャワーは、元々ホーリーシャワーだったんだけど、赤レンガ礼拝堂事件のさなかに、天性の魔法力で編み出した魔法なの。
 番外編「オルガバルトの長い夏」・・・あらすじ:まだ魔導師訓練時代の王女が仲間たちと竜のたまごを探しに行くストーリー。道中、同年代の少年の死体を発見した事から、パーティメンバーそれぞれの心象風景のとまどいを描いた作品。1983年発表。
 王女だって理由で弾圧されたい
 私が王女だからうらやましいのでしょう
 シンデレラ?白雪姫?わ ら わ せ な い で。こっちは王女ロロイですよ?
 退治していいの?うずうず。しね!魔物め!ってすっごい強い酸の液体とかかけて「光へかえれー!」ってやってもいいの?
 あきばにモンスターがいるらしいから王女として討伐に出向く必要アリ
 やーっ!!つって斬りかかるから突然。
 アキバの駅前で、ひどい形相で「こんな・・こんな魔物たちが闊歩する街があったなんて・・!」ってつぶやいてる人がいたら私です。
 ふ・・私が誰か知らないみたいだな。オルガバルト王国の正統なる王女 ロロイ・ジュヴィエーヴだぞ。かつて王族親衛隊まほうつかい部で光の魔法を会得した後に、騎士団団長をつとめている歴戦の覇者だ。低俗な魔物など他愛もない。
 ふん、腕がなるわ。それに私には計があるのだ。一網打尽にする秘策がね。それに私には魔族の血がクオーター分ながれて・・はっ(これは秘密なんだった)、じゃなくて・・!とにかく心配無用よ。後ろから「その命もらった!」って斬りかかってやる。
 アキバの駅前で「きっさまら〜〜〜!」ってひどい形相してるなう。「魔物どもめが〜〜〜!!」
 戦いの前に、剣をふんふん回して、ポーズキメて(剣に手を添えて)「王女 ジュヴィエーヴ、推参ッ!」っていう予定。
 魔物たちに攻撃されても大丈夫な様に、服の下にはちゃんと「静寂の防御魔法をほどこしたビキニアーマー」着込んでるから平気
 結局ね、戦法として、アキバの魔物たちをまず煽るんです。そして狭い一本道に誘い込めばあとは囲まれる事無く一匹ずつ倒せばいいんです。
 王女 ロロイ・ジュヴィエーヴってぐぐったら4件ヒットした。もちろん全部自分のツイートです
 たあ!やあ!って斬りつけながら「オルガバルトを・・!オルガバルトを返せっ!!」ってわめく予定。
 アキバで、勢いあまって普通の一般人オタクまで斬りつけたとしても、そこにいるお前が悪い、逆にお前のせいでモンスターにやられてたらどうするつもりだ という。
 それを邪魔すると言うのなら、討伐してやる!!!
 やあーっ!!(力任せに、身に不似合な丈の剣を振り下ろす)
 っそお〜〜〜〜〜!!!アキバの魔物たちめ〜〜〜!!!
 一秒間で5体たおしてやる!!
 まずジャンプして一人目の胸もとにキック、その反動で隣のやつの首元つらぬき、剣を抜いた反動でバク中しながら剣を振り回して残りの三人の首をはねる
 のまま、ずあああああーっ!!って言って隣のグループの腹の突き出たやつの腹を真一文字に切って剣が半周した勢いでその後ろのやつに飛んでって頭突き。前のめりに反転して両隣の奴にかかと落としをしながら呪文を唱えて周囲一帯にホーリーバニッシュ。
 こまで0.1秒。
 騒ぎに気付いたゴブリン部隊がかけつける前に驚異の跳躍力で信号機の上に立ち。睨み降ろしながら「王女ジュヴィエーヴ推参!!貴様ら今日は生きて帰れると思うな!!」と言いながらホーリーローズシャワーで一気に壊滅させる。
 そろそろ強いやつが出てくるから右腕を冷やす(魔法を多用すると呪いが発動してえしまうので)。その間、Tシャツの端を口にはさんでびりびりって応急包帯作成し、「よし、これでまだいける!」ってしながら迫る敵の方をキッって睨み「私が・・オルガバルトを守るッ!」
 隣で「くっくっくっ」と笑う声。その声は、レンシアの蒼魔導師スイワヴァ!!「王女さま今日も素晴らしい太刀筋で♪」「きっさま〜〜〜!!よくものこのこと!!シルクの泉奪還作戦の時の借りを今返してやる!!」って激昂して飛びかかるも「だめだめ♪怒った時の王女は隙だらけっていつも言って略
 まあそんなこんなで小一時間もすればアキバの魔物は一掃されるってワケ。王宮に帰ると爺が「姫様っまた宿題をほったらかして!都では恐ろしい魔物があばれまわ」「制したわ」「・・へ?」「全て、制してきたわ」「な、まだ報告が入ったばかり」「全体、討伐完了済み」王女ウインク。
 まあ以上が「アキバにモンスターが大量発生して!?」の巻の大体のあらすじ。次回「学校の遠足で王女の証のペンダントがなくなって!?」の巻を楽しみにする事ね。
 私の元に馳せ参じよ!!
 王女とはわたしで、わたしが王女である
 王女は意味深に胸もとのペンダントを手に取り、思いつめた表情をしている
 やあやあ、遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ、我こそはオルガバルト王国にその人ありと言われる正統なる王位継承者、王女 ロロイ・ジュヴィエーヴ也!
 そう、私は城壁から華麗に羽ばたき、陰鬱の塔を経由して、下々の心のダンジョンにアタックを繰り返し、奥深く潜むイドの怪物を退治する現代のジャンヌダルク・・!
 心のダンジョン攻略のカギは深い洞察力とそれからこの白い翼・・!
 破ぁ!
 王女、って書いたはちまき配ってみんなにしてもらいたい
 王女だから目が良い(両目2.0)
 王女だし、さびしい存在を寄せ集める魔法くらい唱えられる
 王女ですからおしりもきれいです
 
 --
 えー、という訳でかようなツイを時々してまして、過去に王女名乗る前からホーリーバニッシュとか言ってたんですが段々「あれ、王女っておもしろくね」と思い羅列してみたら過去にmistoaで書いた物語のオルガバルト王国の王女って事になりましてアキバでオタクを制したりしたワケです。
 思うに私の中で姫性に対するあこがれというかわくわく感があり、守られる姫よりかはちょっとつんっとしている戦える姫。魔法もばんばん使って爺に心配される姫。つまり王女。私おもうにこのジュヴィエーヴって人、最終的に王座に収まらなかったと思うんですよ。やっぱり世を制するのは男の役目だとか言って生まれたばかりの自分の腹違いの弟(5歳)とかに「あとは頼んだぞ」っていって旅に出ちゃったんじゃないかなあ。爺とかは姫さま・・とか心配するんだけど、じゃ一緒に行くか?とか言ったりして・・
 
 そこまで行くと、完全に思いつきとは言え、何かどこかの世界で彼女が生きている様な気がしてくるんです。私のイメージに過ぎないのに、彼女が普段どういう暮らしをしているのか・・とかどういう事を腹の中で考えているのか・・とかどんどん思い浮かびます。そして、こういう性格だから、この場ではこう行動するだろう、とか思うと、同時に、彼女が「いや、君が決めるなよ」って私に言うんです。
「私は私なのだから」
って。
 で、私は思うのです。彼女は生きているのかな。生きている様子をたまたま私が知っているだけかな、と。訳がわかりませんが、主体はあくまで向こうの気がしますし、尊重したい。そういう気持ちが生まれると、もうジュヴィエーヴの事は他人ですから私からあれこれ言えなくなり・・
 ってワケわかんないですよね。
 昔からそうなのです。作ったキャラがただのイメージじゃなくて、どこかで生きてる別の人に思えるのです。いつか会いにいきたいなってどこかで思ってます。本当は存在しないのに・・その辺が私の痛い所です。



4/19
 テキストつまり文章がメインのホムペが過去にたくさんあった事をご存じの方もいると思います。今はすっかりそんなもんなくなってブログとかはてななんたらとかもマイナーになりツイッターが主流だと思います。んでツイッターみてみると過去にテキストサイトで輝いていた人がすっかり勢いをなくし、テキストサイトなにそれなニュージェネレーションの、その辺のJKやらJDやらが己の感覚のみで吐き出す短文がキラめいていたりします。大変勉強になります(いや感性の分野で勉強するのって違うだろって思うんですが)。その中で一応テキストサイトもどきをやっていた私は依然としてキラめいているので私はすごい。
 
 ・・じゃなくて、考えたいのは「ホムペってだめ?」って事。htmlなんて別にむずくないしそもそもブログとかのうざデザインうざ広告にみんなうんざりしたでしょ。編集画面イチイチ開いて・・だからちょっと作ってちょっと書いては辞めてたんでしょ。そこでホムペ。html詳しくないから、逆に無駄ななくてすっきりした大胆なデザインできちゃう。書きたい事書ける。最高じゃないですか?そもそもツイッターってふぁぼられる事が中毒になりますよ特に私みたいに自尊心が強い癖にうじうじして嫉妬したりする人間性の持ち主は。んで、文章書いてネットにさらす=大体そういう人間性=私がホムペに回帰した=お前らも回帰しろ!ってメッセージなんです。
 
 過去に私が感じていたホムペの弱点を挙げると
 1.反応が貰えない:web拍手とか掲示板とかメルアド載せたり(@→アット)とかしても大体反応無い。誰か読んでんのこれ?もしかして誰も読んでないの?ああでもそういう間にまた新しいもの書きたくなる。そうすると前回の文が誰にも読まれずにどんどん下に潜っていって更に読まれない状況にい・・とかの葛藤。
 2.無し。
 
 つまり、読んでくれてる人の反応や数が分かりにくいというのがモチベーションを下げる点だったのですが、今はツイッターがありますからね。感想や交流はそこでやればいい。感想貰えなくても、フォローされてる=読んでるよ、わりと好きだよって事になる。つまり広報とマーケティングとイベント会場=ツイッターな訳です。これでホムペの弱点が無くなりました。
 
 逆にツイッターの弱点。
 1.過去ログが見えにくい。色々サービスとかでサルベージできるかもですがそんなの普通やらない。過去に最高に良いもの書いても読んでもらえない。これ致命的。
 2.ふぁぼ乞食になる。とにかくふぁぼが欲しくて浅ましい感じになる。人間が腐る。私は毎日腐っては再生してます。腐った状態で、良い文書ける確率はかなり下がる。不毛というものです。
 3.文字制限がある。制限内に収めようとすると、文が窮屈になる。無駄が無い。無駄はあった方が良いんです、別の言い方だと「間」ですから。無論、無駄が無くて要点だけで分かりやすいというのもありますが、分かりやすいのを好むのは幼稚であると思います。または欧米的な資本主義的なワビサビの無いファーストフード的な、それらの良い点もあるのは分かってるんですが、違うじゃないですか。違うってのは感覚の問題ですが、毎日ファーストフードやカップラーメンがイヤってのと同じです。
 4.まだある気がしますが、まあこの辺で。あ、良い点は他人と繋がりやすいという点です。これは強い。
 
 結論として、ホムペやろうよ?です。私のホムペとリンクし合いましょうよう。ね?え、やだ?めんどくさい?はいはい言うと思った。めんどくさくないから。だまされたと思ってhtml打ってみてよ。そんで作って公開してみてよ。きっと何度も見返してしまうよ。楽しいんだこれ。え?自分なんかが面白いの書けると思わない?あのですね、どんだけ現実なめてるんですか勉強不足過ぎですよ。自分が知覚できるものなんぞほんのちょっとです。自分自身の事さえもね。他人から見た自分と、自分が見た自分、一緒だって思います?だから、日常の垂れ流しでも絶対面白いって思う人いるんです。っていうか人間は基本覗き趣味みたいのみんな持ってますから。え?きっと途中で飽きてやめちゃうだろうって?心配ご無用。私に声かけて頂ければ「ホムペ持ってる人達による文章お祭り」企画して参加してもらいますから。そしたら「loiolさんのお祭りに参加するよ」「わくわく」とか書けるでしょ。結果的に締切に間に合わないで逃亡する・・みたいなね。以前私はmistoaっていうのでそれやっちゃって黒歴史なんですが・・っておい!mistoaは大事だっただけに逃げちゃった事いまだに気にしてるんだから許して下さい。
 
 とまあ、色々多様性があって面白そうでしょ?ね、分かったらホムペやろ。私とやろ!
 でもね、私がこの文読んでよし私もやろうと思っても、どうやったらいいか調べるのすごい億劫。
 だから指南をします。大体キーはこんなもん。
 1.ホムペのスペース:私は忍者ツールズで無料です。忍者ホームページっての登録するだけ。他にも色々あるけどどーせ似たり寄ったりだから考えなくてヨシ。
 2.htmlの書き方参考サイト:私は「ホームページできるかな」ってサイトで勉強しました。残念ながら今は閉鎖されてて・・「html 書き方 タグ」とかで検索すると出てきます。タグってやつで指示出すだけです。
 
 これだけ。あとは書きたい様に書いて、画像とか貼りつけるだけ。小学生でも1時間でできる。大人なら30分でできる。そういう世界。それがこれからあなたが生きる世界。ゆくぞ。なにぼやぼやしてる。さっさとゆくぞ。すぐぼやぼやするのがあなたの悪い癖だ。今日からあなたはホムペのオーナーである。分かったらつくれ。今作業開始しろ。急げ。すぐだ。今だ。今、って今日中って意味じゃないよ、まじの今。一秒後。今忍者ツールズでアカウント作れ。早く!なにしてる!もう言いたい事は言った。あなたはそれ読んだ。でもな・・とか、無い。オッケーって言うだけ。うなずくだけ。他に何も無い。あなたの思考は今荒野です。荒野にぽつんと灯りがあって、そこには私がディスプレイに映ってます。そして上記の言葉を伝えています。でもな・・というならまた荒野をさまようんですか?何もないですよ。岩と冷たい夜空だけです。結局あなたは戻っています。灯りの元へ・・私は灯りです。旧約聖書知ってますよね。最初に光あれと言ったんです。私がその言葉です。光あれあなたの荒野に。荒野はいずれ小さい集落になり、街になり、歴史が生まれます。最初の光なんです。わかりますか?わかるならすぐに。わからなくてもすぐに行動開始して下さい。荒野には何もいません。何もないって意味分かりますか?虚無なんですよ。虚無。きょむ、ってひらがなで書くとかわいいけど恐ろしいですよ。死よりも恐ろしいってつげ義春も言ってました。さあ、私が光です。目覚めよ!(なにこの展開もうやだ)



4/18-2
 何も考えずにぱっと浮かぶ言葉が「誘惑の都」なんです。なんでかなと思うとやはり、私は東京出身なので都があり、都のイメージは誘惑なのです。香港の九龍城砦ってご存知ですか。あれ好きなんです。それからうろ覚えですが宮崎駿がアニメータ志したきっかけに「やぶにらみの暴君」というのがあり、そのセリフかあおりの「気をつけたまえ。この国は今、罠だらけだからな」というのがあり、きゅんきゅんしたのですよね。

 そういうのが多分あって、うん誘惑の都は良い、と。身を滅ぼしかねない色んなものがあってそこでダメになった人がごろごろしててこちらを食い物にしようとしてる、そんな中を颯爽と未来を見据えたまなざしでゆく、という。

 そのまなざしに共感するというか、私は未知の土地や街を行くのが好きです。行くまでが面倒ですが行ったら、すっと気持ちが入れ替わるじゃないですか。知らない街の繁華街とか。ちょっと緊張するというか。あの感じが好きなんですよね。非日常的な。つまり私は日常を嫌っています。退屈な繰り返しの日々。一日一日を大切に千里の道も一歩からという感じで努力するのもめっぽう嫌いです。辛気臭いしそんなに思いっきり何かにはまって捧げるというのが何かばかげてる気がする。あとそんな突っ込んで、結果でなかったらどーすんの?っていうね。あなたより天性のバランスで難なくやっちゃう人がいるのにそれでもあなたは地道な努力でたどり着けるかどうかも分からない天竺を目指すの?ばかげてる。

 人は変わるのです。環境も。5年地道にやってうまくいくとする。5年後には方法論も変わってて、みんな1年でできちゃう時代になってたら5年費やした人の時間って・・とか。それに途中で飽きても「でもここまできたからもう引き返せないから」ってそんなモチベーションで続けるのは残酷な運命です。

 ともあれ、それならば都の方が良い。最新の空気を吸った方がいい。例え毒されようとも。多少の毒は、致命的なリスクを回避するためのアンテナとして機能する。田舎者は知らずにいきなりばっこーんってやられちゃうのを、ああこのまま行くとやばいだろって分かる。それから、そういう都の毒を飼い馴らす事自体がライフスタイルの基盤となるんで、「都にいました」ってだけで実績になる。

 高校やめました、とか、大学やめました、って人みると頭悪いなって思います。そこにいた、ってだけで糧になってるんだから。肩書とか履歴書に書けるとかそういう類の意味じゃないですよ。そこに所属して無意識にその所属の鎖を首につけて生活するってのは実は得難い経験なのですよ。大人になってから大学行くのとは違いますから。嫌でも一回所属した方が良い。なぜなら判断力無くて社会に出て身を落とした人、周りにたくさんいるでしょう。

 だからですね、誘惑の都なんです。我々は「ここが誘惑の都だ」という認識でそこへ行く。知らずに都に行っちゃった、判断力なくて都の毒に犯されちゃった人たちを尻目に、うまい事サーフしていく。バッファがあるんです。

 そんでもって君は何者だいって聞かれたら、都にいました、とやる。相手は、都にいたんなら少しは使い物になるかなっていう目でみる。こちらは、そういう目で見られてるっていうのが内心分かってる。その繰り返しなんですよ。「分かって」毒っぽいとこに行く。「分かって」いけば、大体へましません。



4/18
 頭が割れるように痛い。常に頭の中で「お前は天才。明るい未来しかない。どう考えてもハッピーエンドしかない」とエンドレスで響くので「そんなわけない。そんなうまい汁吸えるシステムじゃないこの現実は。私はそんなの知ってる。誰だお前は私を骨抜きにしようとして」と抗う。声は「私は私だし。別人格みたいに分けなくていいし」という。私は「そうなの?じゃあなぜ相反する考えがあるの?」
「いや、だって思考とはかようなものだよ」
「そうかな」
「そうだよ。人格って概念だって人がさたかだかこの100年くらいで作ったもんでしょ。甘いよそんなもん信じ切るなんて」

 ここで、は、と目が覚めたのです。なんだ夢か。いやいや夢じゃない。現実だわこれは。でも何この夢から覚めた感。みたいな。でもね、昔寺山修司が著書ん中で言ってたんですよ。一つの夢から覚めて、すぐに別の夢に陥るだけなのだ、って。それ読んでああこういう言い回しっていうか「それっぽい言い方いいないいな」って思って未だにそう思ってまして。「別の夢ってなによ」とかつっこめばいいんだけど何となく「ああいいな」で済んじゃう。結局人は、3つくらいの自己判断により世界を作っている、否、選択している(世界自体そのものは最初から最後まで同じ風にそこにあるのに、選択の仕方により見え方とらえ方が変わるという訳ですから人間は異常)と思うんです。
 つまり、好き嫌い、楽しい退屈、面白いつまんない。あとはまあ気持ちいいとかそんなん。4つ。つまみ4つの楽器。それであーだこーだと鳴く。動物。いや問題なのは、他の動物よりちょっとだけ利口だから余計苦しむ。何このシステム。利口という良い点得たら、苦しむというおまけついてプラマイゼロ。同じゼロならじゃあ虫でもいいのかといわれれば、いや人間が良いという。結果は同じゼロなのに。つまり、得て失う、という無駄こそが人間たる所以であり、ついったーとかね最近やりまくってるんですが、完全に無駄。非生産。お金貰えない。でもこれが人間だから・・と素直に信じる私は救われる。私はクリエイターなのにっ、こんな無駄な時間をっ、みたいに思ってる人は苦しむ。

 大体ね、クリエイターの多くの人が言うでしょ、お金貰ったら好きにやれないから・・って。近代以前の芸術家で、お金貰わないで純粋に芸術やってた人いたでしょ。自由ですよ。まあそういう芸術家がどうなったかというと「あいつ頭狂ってるよね」って扱いだったと思いますが、そんなもんはfuck off、つまり「我々は現代社会にいるんだ!」ってジョーカーみたいなカードがこっちにはありますからね。へっ、好きな様にやるさ、せいぜいお前らは空気読んでひいこら現実に翻弄されるがいいさ、こっちは弥勒さながら左団扇で散々好き放題パーティ気分でお祭りしてやるさ、っていうアティテュードでいけばいいと思うんです。
 そうじゃないとやってられないよ。そうでしょう?そうなんです。わかったらついったーでたくさん私とおしゃべりしよう。オルガバルトの未来はあなたがたに託してますから基本私。



・link
pepe de teorica パン職人グループ「(/・ω・)/(ぱぁん)」 フォークでいっぱいの引き出し
0mg web 文芸誌 "mistoa" さくらの森の
いろゑ krauss_17 perle
出さない手紙について brain damage 43
zippy